「自民・公明両党は憲法改正の手続きを定める国民投票法案を今の国会で成立させるため、民主党に協議を働きかけることになりましたが、民主党は国会審議で対決姿勢を強めているだけに、当面、応じない姿勢を示しており、調整は難航する見通しです」との記事が載っています。
 詳しくはこちら