憲法96条1項「(国民投票において)その過半数の承認を必要とする」の原文は、
which shall require the affirmative vote of a majority of all votes
cast thereon となっています。

 そもそも、何を母集団として過半数(の承認=賛成票)を決するのかが問題です。

 ここでall votes(投票総数)の部分が訳されていないことに気付きましたか?
 条文は母集団の定義をしていないのです。このため解釈上は、‥衂質躾瑤里曚、⇒効投票総数、M権者数と解することも可能なのです。
 
 解釈によってどのように投票効果の違いが生じるのか、ここでは触れません。衆院憲法特委の議論(昨年秋の特別国会)をうかがっていると、△多数説、,少数有力説といったところでしょうか。