「行政改革推進本部は21日、同本部がまとめた国会事務局等改革に関する提言を衆参両院議長に申し入れた」との記事が載っています。
 詳しくはこちら

 私は提言の中身をまったく知らないのですが。。。 
 議論の前提として、国会議員の[法活動に関わる事務局機能と、∋実行為に関わる機能とを明確に分けて考えるべきです。
 両院で統合する余地があるかどうかという観点からは、,枠歡蝓↓△聾‘い陵消呂あると思います。統合を前提としないのであれば、,盡‘い陵消呂呂△蠅泙后

 例えば、法制局の統合という論点があります。
 しかしながら、衆議院議員と参議院議員はともに「全国民の代表」ではありますが、異なる国政選挙で選出されており、付託されている国民の政治的意思は異なると考えるべきです。
 甲議院が乙議院と「利害相反」の関係になる法律の制定が行われようとする場合、法制局が一つでは、当該業務自体が利害相反にあたります。憲法が、法律案の議決、予算案の議決などで、参議院が衆議院と異なる意思決定をすることを前提にしている以上、二院制の下では議論に限界があると思います。

 △領磴箸靴討蓮警務、議事運営、記録、調査、議員宿舎、その他の庶務があります。