2018.11.10 
東京新聞朝刊特報(27・28)面
「外国人に調査した? 技能実習生、悲惨な実態」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2018111002000147.html

「安倍一強の政治下でまた、働き方関連法や統合型リゾート施設(IR)整備法のような問題法案が唐突に出てきた、という感じだ。立法事実が不十分で、大臣が説明できない。具体的な中身は法案と別に省令や政令に委ねられ、国会がチェックできない点も共通する」

「外国人労働者の受け入れは、与党を支える保守派にも慎重論が根強い問題で、短い臨時国会で収まる問題じゃない。この法案の必要性を立証するのは内閣の責任だ。それができるようになってから出し直してはどうか」
20181110_065744