北朝鮮のミサイル発射を受けて、額賀防衛庁長官が自衛のために敵の基地などを攻撃する能力を自衛隊に持たせることを議論すべきだとしていることについて、自民党の武部幹事長が同調する姿勢を示したのに対し、公明党の神崎代表は「全面戦争に発展する可能性がある」として慎重な考えを示しました。→つづき