憲法改正手続きの詳細を定める国民投票法案を巡り、自民、公明両党は11日の与党協議会で、国民投票を認める年齢を原則18歳以上とする一方、投票対象は憲法改正に限るなどとした9項目の修正案について大筋合意した。(→つづき