自民、公明両党は十一日、憲法改正手続きを定める国民投票法案に関する与党協議会を国会内で開き、民主党との協議に基づく九項目の修正案を了承した。ただ最終的な修正合意にはなお調整が必要として、今国会での成立は困難との認識でも一致。通常国会での成立を目指す構えだが、修正合意には与野党とも異論を抱えているのが実情で、本格審議が来年夏の参院選後に先送りされる可能性も出ている。(→つづき