自民党の谷津選挙対策総局長は、NHKの取材に対し、参議院選挙では年金改革など生活に密着した課題を訴えるべきだとして、選挙公約に安倍総理大臣が争点にしたいとしている憲法改正を盛り込まないこともありうるという認識を示しました。(→つづき