憲法改正の手続きを定める国民投票法案をめぐって、与党側が5月3日の憲法記念日までに法案を成立させたいとしているのに対し、民主党の小沢代表は慎重な審議を求める姿勢を崩しておらず、与党内からは、安倍総理大臣と小沢代表の党首会談で決着を図るべきだという意見も出ています。(→つづき