憲法改正に必要な国民の承認を得るために設けられる「国民投票法案」。与野党の対立によって、衆院憲法改正特別委員会で採決に先立って開く公聴会の日程も、与党だけの賛成で決まった。(→つづき