自民党は、憲法審議会での議論を開始しましたが、憲法改正論議の進め方については党内にさまざまな意見があることなどから、参議院選挙の公約に盛り込んだ3年後の憲法改正案の発議までには曲折も予想されます。(→つづき