4月の長崎市長射殺事件を受け、補充立候補制度のあり方を検討してきた総務省の研究会は29日、報告書をまとめた。(→つづき