民主党が政府の新テロ対策特別措置法案の対案を提出したことにより、参院は年の瀬ギリギリまで審議が続く公算となった。(→つづき