ライブで観ました。

(1)政務三役・改造人事
(2)一定のめど
(3)第2次補正予算
(4)原発事故再発防止

冒頭発言の骨子は、こんな感じでした。

結局、誰もが知りたい、誰もが納得したい
核心部分は、明確に語られていない。。。

とくに、
誰に向かって発せられているメッセージなのか、
判然としない印象を受けました。。。

辞任時期、解散権行使・・・。
記者の質問には、正面から答えず。

詳しくは、明日の両院議員総会で追及される
ことになるのでしょう。これは避けられません。

政策決定、国会運営、国会対策の方針に関して、
官邸と党とは、修復不可能な状態になったのでは?

もう修復できないのでは?

第2次補正予算の審議は、かろうじて可能でしょうが、
その他の法案審議はもう絶望的ではないですか?