2018年1月5日

立憲民主党幹事長
福山 哲郎 様
 
今後の検討の形について

 
民進党幹事長
増子 輝彦

 民進党は、国民生活を置き去りにする安倍政権の傲慢な政治に終止符を打つべきとの国民・有権者の皆様の願いを受けて、3党が結束し、安倍政権と対決していくことは、国民の大きな期待に応えるものであると考えます。

 3党が国会で力合わせをしていくために必要な道筋を見いだすための努力として、今後は立憲民主党と民進党、また希望の党と民進党の形で協議を重ねたいと存じますので、ご検討、ご尽力くださいますようお願い致します。