岐阜県御嵩町の産業廃棄物処分場建設計画が凍結状態となっている問題で、古田肇県知事、渡辺公夫町長、建設を計画した寿和工業の清水道雄社長の3者が26日、「建設反対」が多数を占めた同町の1997年の住民投票結果を尊重し、同問題の決着を図ることで合意した。(→つづき