nambu yoshinori's official blog

取材、講演などのご依頼は、nambu.yoshinori@gmail.com まで。

タグ:京都

記録的な大雨の日、大原三千院を訪れました。
現地(京都市左京区)では、18時10分までの1時間に101ミリ(!)の降雨を観測したとのこと。近所では、落雷があり、一時的に停電したようです。
境内は人の気配に乏しく、雨音だけが辺りを包んでいました。
(撮影日 2014/08/16)

20140816_DSC3320_062
20140816_DSC3346_086
20140816_DSC3333_074
20140816_DSC3332_073
20140816_DSC3347_087
20140816_DSC3329_070
20140816_DSC3339_080
20140816_DSC3318_061

 日本JC「We Believe」2008,vol.1をぜひご一読下さい。

 今こそ憲法を語ろう―1月19日、京都で開かれた「憲法タウンミーティング」における辻元清美(社民)、葉梨康弘(自民)各代議士の発言が載っています。

 憲法論議に対する二人のスタンスはさほど変わりません。辻元さんは自由な憲法論議の必要性を説き、葉梨さんはここでも自民党草案を批判しています。改憲/護憲という対立の枠組みが次第に崩れていることを実感します。これでいいと思います。

 日本JC憲法改正運動実践委員会のウェブサイト
 http://www08.jaycee.or.jp/2008/constitution/

 常設の住民投票制度を盛り込んだ「野洲市まちづくり基本条例案」を審議していた滋賀県野洲市議会は22日、6月定例会本会議で、原案から16歳以上に住民投票権を与えることや、住民からの発議を認めることなどを削除した修正案を賛成多数で可決した。(→つづき

 憲法改正の手続きを定める国民投票法案に関しては「ここまできたら、3党間で合意されたこの線で可決、成立させなければならない。最終的には総務会で決定するが、1つの決断をしなければならない」と述べ、投票年齢の「18歳以上」への引き下げなど民主党案も取り込んだ与党案で決着を図る考えを示した。(→つづき

 4月に行われる統一地方選に向けて、京都市選管は8日に左京区のみやこめっせで開催される成人式の会場に、投票を呼び掛ける専用ブースを設置する。新たに有権者となった新成人が選挙のイメージキャラクターと「ツーショット」の写真を撮り、「投票に行く」と大書したボードに写真シールを張り付けるイベントも開いて選挙に関心を持ってもらう。(→つづき

このページのトップヘ