nambu yoshinori's official blog

タグ:今井一

 国民投票のルール設定を考える円卓会議

 と き 5月30日(火)午後5時15分〜7時半(開場は5時)
 ところ 参議院議員会館1階102号室

 本間 龍 (作家。『原発プロパガンダ』『原発広告』の著者)
 田島泰彦 (法学者。上智大学文学部新聞学科教授)
 南部義典 (法学者。『超早わかり 国民投票法入門』の著者)
 堀 茂樹  (フランス文学・哲学研究者。慶應義塾大学名誉教授)
 岩崎貞明 (メディア総研事務局長。『放送レポート』編集長)
 浮田 哲  (羽衣国際大学教授。元毎日放送ディレクター)
 宮本正樹 (映画監督。脚本家。劇映画『第9条』が公開中)
 糟谷廣一郎 (元『週刊金曜日』副編集長・企画委員、行政書士)
 今井 一  (ジャーナリスト。『「憲法9条」国民投票』の著者)

 http://ref-info.com/httpref-info-com2017-05-10meet/

 私も登壇します。
 参加お申込みは、上記URLをご確認の上、rule.of.ref@gmail.com まで。

 徳島大学総合科学部の公開講演会「国民投票法はこうなる−改憲、是か非か、いよいよゴング」が十七日、徳島市南常三島町二の同大であった。ジャーナリストの今井一さん(52)=大阪市在住=が、憲法改正手続きを定める国民投票法について解説した。(→つづき

 [国民投票/住民投票]情報室が12日、開設されました。URL→http://ref-info.net
 「真っ当な国民投票のルールをつくる会」と「住民投票立法フォーラム」を継承する新たなグループです。

 referendumの語源は、ラテン語のrefer(伝える)です。
 市民の政治的意思を、政治機関にどう伝え、どう反映させるのか――衆議院で憲法改正手続法案の審査が進み、全国の自治体では常設型住民投票条例制定の動きが加速化する中、情報室の開設は時宜を得たものであり、今後の活動に期待がかかります。

 情報室では、一般会員を募集されているようです。
 当ブログの住人の皆さんで、情報室の活動に関心のある方は、ぜひ上記アドレスにアクセスしていただき、会員申込をされてはいかがでしょうか。

 私は、イヤでもわかる!国民投票法案という連載を始めました。
 このブログ共々、よろしくお願いします。m(_ _)m

このページのトップヘ