nambu yoshinori's official blog

★取材、講演などのご依頼は、nambu.yoshinori@gmail.com までお願いします。

タグ:参議院

 衆参両院の議院運営委員会(国会法41条2項3項)は通常、議院に付託された法律案を各委員会に振り分けたり、本会議の議事日程を決定するなど、比較的地味な活動をしています。

 最近は、これまでは両院の軋轢を生まなかったであろう、日銀総裁の人事の議決をめぐって、混乱を避けるべく、議院運営委員会が合同で開かれるなど、常任委員会としての重みは、より増しているように思います。

 下の産経記事にあるように、憲法審査会に関する規程が定められておらず、審査会が予定通り始動できていないという問題があります。
 ここに規程とは、議案型式の一つです。憲法審査会規程(仮称)は、議院運営委員会で審査し、議決する(さらに各議院の本会議で議決する)こととなっています。議院運営委員会が憲法審査会の命運を握っているのです。

 両院の議院運営委員会では、憲法審査会の設置の意義に関して各会派の認識が深いとはいえず、とりわけ参院においては国民投票法成立後の大きな議席変化があったため、ほぼグラウンドゼロの状態です。

 二度手間になるかもしれませんが、各院の議院運営委員会でそれぞれ公聴会を開いて、広く一般の意見を聴取するというのも打開策の一つと考えます。市民の意見を聴くことそのものに反対する論理はありえません。

 誰も決定的なイニシアティヴをとることができず、何もしなければこのまま何も動きません。憲法審査会はいったん設置されれば、国会法が改正にならない限り永久に存続する(まさに常設の)機関です。合意形成に向けたこの程度の政治的努力はあってしかるべきでしょう。

・政府と国会を「地域主権」にふさわしい姿に
・憲法改正の論議は「国のかたち」をめぐってこそ

 これまでの希望社会への提言シリーズで、20年後の日本の未来図を描いてきた。今回は、この国の政府と国会の新しい姿を考えたい。(→つづき

 超党派の国会議員らでつくる「新憲法制定議員同盟」は4日の総会で、自民・民主両党の幹事長らを役員に加えることを了承し、与野党の対立で見送られている衆参両院の憲法審査会の発足に向け、活動を活発化させたいとしています。(→つづき

 国会は、参議院本会議で福田総理大臣の施政方針演説に対する2日目の代表質問が行われ、福田総理大臣は、与野党の対立で発足が見送られている衆参両院の憲法審査会について、「国会のしかるべき場でしんしな議論が行われることを強く期待している」と述べ、速やかな発足を求めました。(→つづき

 参院憲法特委・簗瀬進筆頭理事(民主)の国会通信No.735において、
【1】 憲法に関する調査特別委員会の設置、民主は反対。
【2】 憲法特の筆頭理事に就任しました。
 とのコメントが載っています。(→こちら

このページのトップヘ