nambu yoshinori's official blog

タグ:台湾

 中央選挙委員会が主催する国民投票第5案「台湾名義による国連加盟」(加盟案)および、国民投票第6案「中華民国またはその他尊厳ある名称による国連復帰」(復帰案)のテレビ弁論会が3月5日に開催された。(→つづき

 国民党が大躍進。総統選挙への影響必至。
 2つのレファレンダムは不成立。


□NHK 台湾立法院選挙 国民党が圧勝
□読売新聞 台湾立法委員選、最大野党・国民党が圧勝
□朝日新聞 台湾立法院選、野党国民党が圧勝 与党、総統選へ打撃
□日経新聞 台湾立法院選、野党・国民党が圧勝
□MSN産経ニュース 「最大の惨敗」と陳総統 野党国民党が圧勝 台湾立法院選
□共同通信 野党国民党が歴史的圧勝 台湾立法院選
□時事通信 野党・国民党圧勝=3分の2超、総統選へ勢い−民進党は歴史的大敗−台湾立法院選

 訪中している福田康夫首相が、台湾の陳水扁総統が進める台湾名義での国連加盟の住民投票に不支持を表明したことについて、台湾外交部(外務省)は28日、「国連加盟は台湾人の願いであり、住民投票は民主的なプロセス」などと、福田首相の発言に反論する声明を発表した。(→つづき

 アメリカのライス国務長官は、台湾の陳水扁政権が「台湾」の名称で国連への加盟申請を行うことの是非を問う住民投票を計画していることについて、「挑発的なやり方で、台湾海峡の緊張を高めるだけだ」と批判し、住民投票に反対して中国との協調関係を重視する姿勢を明確に打ち出しました。(→つづき

 中国を公式訪問中のニコラ・サルコジ(Nicolas Sarkozy)仏大統領は26日、北京(Beijing)で胡錦濤(Hu Jintao)国家主席と会談し、台湾が国連(UN)加盟の是非を問う住民投票を計画していることは「正当化できない」と語った。(→つづき

 台湾の陳水扁総統は14日、台北とニューヨークの国連本部前のホテルとを結んだテレビ会見で、台湾名での国連加盟を目指し、その賛否を問う住民投票に米国が反対していることについて、民主主義を尊重するはずの米国が「どうしてそうした立場を取るのか理解に苦しむ」と述べ、米国の理解を求めた。(→こちら

このページのトップヘ