nambu yoshinori's official blog

取材、講演などのご依頼は、nambu.yoshinori@gmail.com まで。

タグ:国民

 中川秀直・自民党幹事長のウェブサイトに、
 (新憲法草案公募)憲法試案があればわが党にもお届けいただきたい
 (新憲法草案公募)わが党案を押し付ける考えは全くない
 (新憲法草案公募)自然・歴史的景観保全、家族・家庭、道州制、生命倫理など
 とのコメントが載っています。

 中山太郎衆院憲法調査特別委員長は19日、東京都内で講演し、今後の憲法論議について「いろんな団体から国の形を決める憲法草稿が出てくる。一般国民から公募することも考えている」と述べ、国民的議論を喚起するため憲法草案の公募を検討する考えを表明した。(→つづき

 中山太郎衆院憲法調査特別委員長は19日午後、都内で講演し、今後の憲法論議について「いろんな団体から国の形を決める憲法草稿が出てくる。一般国民から公募することも考えている」と述べ、国民的議論を喚起するため憲法草案の公募を検討する考えを表明した。(→つづき

 22日の公聴会はぜひ、NHK中継を行ってほしいものです。

 法案の扱いをめぐる与野党対立は、国会対策、統一地方選挙、参院選挙対策の観点から語られます。昨今の報道のトレンドといえますが、あまりにも観点が傾きすぎているのではないかと思います。
 ネット上に氾濫している泡沫ブログも、ほとんどが政局的な観点、内容です。
 
 両案の「残余論点」は何なのか、どう考えるべきかを、国民に伝え、公述人とともに国民が考える機会が必要ではないでしょうか。修正案が出てきてからでは、時機を逸することにならないでしょうか。

 22日といえば、東京都知事選挙の告示日です。間違いなく、政治報道はこちらが優先されるでしょう。
 
 憲法特委の動向が無関心にならないように。。。

 自民、公明両党の幹事長、国対委員長らは14日午前、都内で会談し、憲法改正の手続きを定める国民投票法案について、民主党が衆院憲法調査特別委員会での審議に応じない場合は、与党単独採決で臨む方針を確認した。また、自公両党は5月3日の憲法記念日までに同法案の成立を図ることで一致した。(→つづき

 自民党の二階俊博国会対策委員長は11日のNHK番組で、憲法改正手続きを定める国民投票法案について、「5月3日の憲法記念日に法律ができている状況を作らなければならない。民主党と円満にやるが、議論だけに空転してしまうことがあれば採決せざるを得ない」と述べ、民主党との接点が見いだせなければ与党だけで採決する考えを示した。(→つづき

このページのトップヘ