nambu yoshinori's official blog

タグ:太田昭宏

 今朝のサンプロにて。

□読売新聞 憲法9条2項を削れば支援を躊躇、公明代表が自民けん制
□朝日新聞 改憲争点化、内容次第で協力困難に 参院選で公明代表
□産経新聞 自公選挙協力に影響も 改憲争点化で公明・太田代表
□日経新聞 自民支援、改憲が影響も・参院選巡り公明代表
□時事通信 「自民支援にちゅうちょ」=改憲争点化で首相けん制−太田公明代表

 公明党の太田代表は、札幌市で開かれた党の会合であいさつし、憲法改正の手続きを定める国民投票法案について、自民・民主・公明の3党は法案の内容ではおおむね同じ考え方だとして、民主党は採決に応じて賛成すべきだという考えを示しました。(→つづき

 公明党の太田昭宏代表は22日午後、国会内で記者会見し、政府が通常国会への提出をめざしている、教育委員会のあり方を定める地方教育行政法改正案をめぐる論議や、憲法改正手続きを定める国民投票法案などについて見解を述べた。(→つづき

 公明党の太田昭宏代表は10日、大阪市内で記者会見し、夏の参院選について「何を争点にするかということと、何が争点になるかというのは違う。教育は大事な判断基準になるし、格差問題に絡んで雇用、地域再生が大きな課題になる」と述べ、安倍晋三首相が掲げる憲法改正の争点化に慎重な見方を示した。(→つづき

 国民投票法案の今国会成立と、憲法改正原案の審査権限が凍結される3年間における憲法論議のあり方についての認識を問う公明党の太田代表に対し、安倍首相は「占領下つくられた憲法は施行から60年経つ。21世紀にふさわしい理念、理想を掲げた憲法を自らの手でつくらなければならない。国民投票法案の成立を強く期待する」と答弁しました。

 話すときに舌が廻ってしまうのか、「検討」「健康」「憲法」が紛らわしい。><

□時事通信 今国会で国民投票法成立をと安倍首相=太田氏、資金規正法改正主張−衆院代表質問

 公明党の太田代表は13日、宇都宮市で開かれた同党栃木県本部の会合で、憲法改正の手続きを定める国民投票法案について、「国民投票法案の成立は本年一番の憲法論議の課題だ。5月3日の憲法記念日の前に成立を期したい」と述べ、早期成立に意欲を示した。(→つづき

 公明党の太田代表は7日夜、北京市内のホテルで同行記者団と懇談し、安倍首相が夏の参院選の争点に憲法改正を掲げる考えを示していることについて、「憲法改正と言っても、どういう訴えか定かではない。時期尚早ではないか」と語った。(→つづき

このページのトップヘ