nambu yoshinori's official blog

南部義典オフィシャルブログ

タグ:小沢一郎

 政治に残された時間と余白はあるのか 
 平成22年8月23日
 西岡 武夫

 (はじめに)

 この一文は、決して9月14日に予定される[民主党の代表選挙]に限ったことではない。
 
 私は、参議院議長として、所属していた政党が、代表を選出することに関しては、如何なる方法でも、投票権も採決権も行使しないし、党内において、発言することもありません。

 その上で、普通の考え方と信じる政権政党の代表選挙の在り方と、同時に、あるべき原理原則について、その職責の枠内で触れてみたい、と考えます。

 もっとも、参議院議長としては、年内に、参院の選挙制度と議員の定数是正について、その方向性を出すという重い役割を、自らに課している。

 このことを前提に、以下の小論を公にする。

 (政権政党における代表選挙とは)

 野党の代表(総裁)選挙の場合は別に論ずることにするが、政党政治において、内閣総理大臣を、即ち首班を指名している多数派の政党の「代表選」については、原理原則がある筈である。

 首班を指名している政権政党は、少なくとも、内閣総理大臣が続投を表明すれば、対抗する代表選の候補者は、相当の覚悟が必要である。

 自分が属する政党の代表であり、政権を手中にしている現首相を蹴落とそうとするのだから、敗れた場合(これは首相も同様だが)の立場は、惨めなものでなければ理屈に合わない。

 自分たちが選んだ現政権の理念と基本政策に異論を唱えるからには、突き詰めると、党を去ることも選択肢に入る。

 本来、政治家が自らの信念を貫くということは、それほど厳しいものである。

 (代表選挙を行う意味の変化)

 だが、その実態は、全く私の考え方とは真逆である。

 「まずなによりも、代表選挙は、常に、複数の立候補者によって争われるのが民主的であり、開かれた政党の証である。」「国民もそれを望んでいる。」という、前提をつくり、対抗馬が理念や政策でなく、ただ代表選に出るだけで開かれた政党である、という虚構の下で、近年は、実際の代表選が行われている、という事実がある。

 ところが、代表選挙が行われ、その結果が出た瞬間、党大会の雰囲気は、通過儀礼が終わった、という安堵感のような不思議な空気に包まれる。

 全く理解できない、緊張感のない雰囲気である。

 首相と戦って敗れた候補者(或いは候補者達)は、権力を互いに争ったのだから、政治家としての全情熱と政治生命を賭けた敗者としての身の処し方が当然ある筈である。

 このことは、敗者を推した総ての投票者にとって当て嵌まる。

 その結果は、特に国会議員にとって、政治家としての岐路に立たされる深刻な事態であるはずだ。

 しかし、実情は、私の考える「本来の姿」からは、全く違う道筋を選択し、勝利者も、敗者も、党の空気も一変する。

 選挙によって現職代表が再選されるか、或いは新代表が誕生するか、いずれにせよ、いわゆる「挙党一致」の空気が当然のことのように、勝利者も、挑戦した敗者をも呑み込んでしまう。
 
 私は、唖然とするしかない。

 この結末を予め想定して、自分自身が権力に近づく手段として、党大会での代表選挙の場を位置づける、典型的な野心家の政党人の生き方を、私は、そこに見る。
 
 具体的には、党大会の代表選挙が、権力を持つ首相の勝利に終わった時、敗者が、真に政治を志す者とは到底考えられない挙に出る。

 事実上、猟官運動擬きの蠢きが開始される。

 そうして、敗者が、政治理念も政策も異なる筈の勝者から、党の要職か、閣僚のポストが与えられる、という仕掛けである。

 これは、挙党一致でもなんでもない、茶番劇である。

 権力を持つ政権側にとっては、対抗してみせた党内の不満分子の取り込みである。

 敗者側にとっては、権力に楯突いた筈の政治家の信条(あるとすればの話だが)は、どこ吹く風と、権力への近道である要職を手中にしただけのことである。

 これは、挙党一致という美名の下で、受け入れやすい身の処し方のように、一見、映りやすい。

 現在、日本が抱える内外の難問を考えるとき、政権政党が甘っちょろい党内の陳腐な就職運動劇をしている余裕は、断じてない。

 現状の政治の在り方を革命的に変えなければ、ごく近い将来、取り返しのつかない窮地に内外を問わず陥るだろう。

 私が参議院議長として、政党の党首選挙に、ここまで踏み込んだのは、日本の政治には、もう「余白」が無くなっていると考えるからである。

 余白がある、と思って、舞台裏丸見えの芝居を繰り返している時間はない。

 政治は、私自身を含めて、いま、真剣勝負で、多くの課題に臨まなければ、我々の子孫に顔向けが出来ないことになる。

 それどころか、現時点で既に、経済政策と外交防衛政策、総ての基盤である教育政策、と年金・医療・介護政策など、日本は、国家として、いま、危険水域にある。

 国会も、内閣も、政党も、命を賭けて取り組まなければならない。

 (結び)

 いま、私たちが真剣に考えるべきことは、一時的なものであってはならない。

 日本が抱えるすべての政策課題に答えを示し、その政策を総動員し、統合した日本の鳥瞰図を示すことである。

 また、一方、目先のことは、行政にとって大切な仕事である。

 だが、行政窓口においても、政権が示す大局的な政策の方向に基いて、相談への対応、行政指導、許可申請の処理が求められる。

 近年、各政党とも個別部門に、優秀で高い能力のある各分野の専門家が、国会議員として政策立案に参画されている。

 このことは、心強い。

 しかし、日本の進む方向や、広い視野を持った、総合政策のプランを語れる人材は、寡聞にして知らない。

 いま、そのことこそが求められている。

 内閣の各省大臣が、自分の権限の内に閉じこもるのではなく、閣内不一致の批判を恐れず、国務大臣としての見識を、閣議決定の場で述べ、議論すべきである。

 もちろん、どうしても譲れない核心の部分で、一致しなければ閣外に身を置くしかあるまい。

 このように、全ての政党が、国会議員が、官僚の一人一人が、日本の現状において、真剣にならなければ、日本は、最早、立ち行かない。

 そのことのためにも、全ての政党が、政党の大会を、混乱を恐れず、台本のない、真剣勝負の場にされることを望みたい。

 時に見受けられる、マスコミの場当たり的な報道に、右顧左眄せず、各党が、政治に対峙する堂々たる姿を、国民の前に示されることを念願する。

 (了)

2010091412060000 








 代表選挙直前に行われた、菅陣営の決起集会です。
 130名ほどの議員が、験担ぎのため「カツカレー」を
 一斉に食しています。
 →一斉に食中毒になることを避けるために、同じメニューは
  避けましょう。これ、選挙の常識。。。

 さて、私が注目するのは、一般党員・サポーター票の結果です。
 菅直人137,998票、小沢一郎90,194票で、1.53倍の開きですが、
 ポイントは菅249、小沢51で、4.88倍となり、
 3乗比以上の差が開きました。

 有権者数342,493、投票者数229,030で、
 投票率は66.87%でした。
 郵便投票であるからといっても、投票率の向上には
 つながりませんでした。

 戦乱が始まりました。

 それぞれの陣営が、代表選挙後の
 まったく異なる“民主党観”を抱き始めました。
 空事の“挙党体制”も、イメージされています。

 危険である反面、
 機能する議会制民主主義のためには、
 必要かつ健全なことです。

 こういう場面で出番となる渡部恒三議員が菅陣営に、
 “自作自演”の鳩山前首相が小沢陣営に、
 それぞれ、立ち位置を決めてしまいました。
 
 だから、収まるはずがないのです。
 だれも、収めようとしていないのです。
 まさに、解党的出直しです。

 6月4日、前回の代表選挙(両院議員総会)で
 “脱小沢・反小沢など、どうでもいい”と、
 はっきり訴えた人が、
 いまや自らグループを結成し、
 “小沢票”のまとめ上げをしようとしています。

 この3か月間で、“挙党体制”の前提条件は
 少しずつ崩壊してきました。
 とくに、参院選後の“総括論”の台頭が決定的でした。
 
 これから、いろんな矛盾、本音、不満、妨害が
 一気に噴出します。

 “解党”を求める世論に望みをつなぎましょう(苦笑)。

 http://twitter.com/nambu2116/

 どちらが勝つかは、陽を見るより明らか。。。
 私は、すでに確信しています。

 “挙党体制”という、敗者陣営に対する人事的配慮など、
 通用する時代ではありません。

 そもそも、民主党には一度も挙党体制が存在していない、
 だから、痛烈な鍔迫り合いは、選挙後も続くのです。。。

 政治的混乱は、「戦乱」に突入してしまいました。
 
 政治休戦を呼びかける側が、逆に大きく乱れてしまっています。
 憲法審査会だけではなくて、国会全体が「開店休業」になって
 しまうことを恐れます。

 9月の民主党代表選挙。

 反菅・嫌菅「軽井沢参加者層」の、
 6〜7割は固まったでしょうか。

 メディアは「接戦」と煽っていますが、
 案外あっけない結果に終わると予想します。

 2位と3位の結託作戦は、すっ飛んだのでしょうか?

 政局・政争に明け暮れていること自体、
 国民生活とかけ離れていることは明白です。

 「永田町に帰ってこい、国会の仕事をしろ」と、
 数多の国民は怒り心頭のはずです。

 この政治空白のおかげで、
 普段は滞る「思考作業」がどんどん進みます。

 個人的にはありがたいと思っています(苦笑)。

 
 

 民主党の渡部恒三元衆院副議長は23日午後、国会内で記者団から「小沢一郎幹事長をはじめ誰も責任を取らない民主党の姿勢」への感想を問われ、「国民の皆さんが辞めてほしいと思われる人は、辞めていただくことが一番いいんだろうな」と述べ、小沢氏や小林千代美衆院議員の辞任が望ましいとの考えを示唆した。(→つづき

 日本に永住する外国人に地方参政権を認めるかどうかをめぐり、民主党では、小沢幹事長が、来年の通常国会に党としての結論を出す考えを示したことから、これに積極的な議員グループが執行部に働きかけを強める方針で、今後、党内の議論が活発化する見通しです。(→つづき

 今日の朝刊より。
 選挙にならないことのデメリットを考えなければ。。。(><;)


□朝日新聞 民主党代表選―決戦への備えは整うか
□産経新聞 【主張】野田氏出馬断念 政策競わずに民主主義か
□北海道新聞 小沢代表3選「無投票」とは情けない
□西日本新聞 「寄らば大樹」でいいのか 民主党代表選

 明日16時より、両院議員懇談会で釈明。(><;)

□NHK 民主 小沢代表留任の意向
□日テレNEWS24 民主党・小沢代表 慰留要請受け、辞意撤回 
□TBS News i 民主・小沢代表、辞意を撤回
□読売新聞 民主党の小沢代表、辞意撤回…「納得していただけるか」
□朝日新聞 小沢氏、辞意撤回 「ぜひ、もう一度がんばりたい」
□毎日新聞 民主・小沢代表:辞意撤回「もう一度頑張りたい」
□MSN産経ニュース 辞意撤回の小沢氏 きょう会見 なお党内に不満くすぶる
□日経新聞 小沢代表が辞意撤回・民主続投要請受け「もう一度頑張りたい」
□東京新聞 小沢代表、一転続投 慰留要請に辞意撤回
□時事通信 小沢代表、辞意撤回=「恥さらすが、頑張りたい」−続投要請受け・民主

 翻意なく、代表選へ。

□NHK 民主役員会 小沢氏辞表協議へ
□日テレNEWS24 小沢代表辞任表明受け、福田首相が記者会見
□TBS News i 辞意表明、民主は午後に臨時役員会
□読売新聞 限定的な政策協議容認、鳩山幹事長が示唆…小沢氏慰留へ
□朝日新聞 連立持ちかけ「あうんの呼吸という感じ」 首相が説明
□日経新聞 小沢氏の翻意は困難、民主幹事長「後継選び速やかに」 
□毎日新聞 小沢代表辞意:「何せ突然」…民主議員ら表明から一夜明け
□MSN産経ニュース 福田首相「連立打診は小沢氏との”あうんの呼吸”」
□東京新聞 両院総会で後継選出へ 岡田、菅氏ら浮上
□時事通信 「自衛隊派遣」で政策協議も=小沢氏慰留へ鳩山氏−民主

 安倍前首相の辞意表明からわずか53日目の出来事。
 一国会の会期中に、与野党第一党のトップが辞めるというのは、
 憲政史上初めてではないでしょうか。。。


□NHK 民主党三役 小沢氏続投を提案
□日テレNEWS24 小沢代表が辞任表明「ケジメつけるため」
□TBS News i 民主・小沢代表、辞任の意向表明
□読売新聞 小沢ショック、与党にも驚きの声「政権に追い風」の見方も
□朝日新聞 小沢流けじめに不満噴出 民主地方組織「選挙戦えぬ」
□毎日新聞 小沢代表辞意:政界遍歴は、破壊と離脱、再生の繰り返し
□日経新聞 小沢氏辞意表明、野党各党は一斉反発
□MSN産経ニュース 「無責任」「これからどうなる」 小沢氏辞意に疑問の声
□東京新聞 小沢代表が辞任表明 党分裂含みの展開も
□時事通信 民主・小沢代表が辞意表明=大連立構想、混乱にけじめ−執行部は慰留

 第168回臨時国会が本日開会。 
 衆参各院の本会議では、安倍首相の所信表明演説が行われました。

 憲法に関しては、
 
 国の姿、かたちを語る憲法については、国民投票法の成立により、改正に関する議論を深める環境が整いました。
 今後とも、国民の皆様の期待に応える議論が行われることを希望します。

 と述べました。

 小沢一郎自由党党首(当時)はかつて、
 第九条はこう修正すべきだ 参議院を「権力なき貴族院」にせよ
 との憲法改正論を示していました。
 (文芸春秋1999年9月特別号所収「日本国憲法改正試案」)

 憲法をめぐる情勢は大きく変わりました。。。
 

 21世紀臨調が主催する党首討論が本日、都内で行われました。(→こちら
 久間発言、年金、農業が中心で、憲法については語られていません。

□NHK 党首討論 参院選めぐり議論
□日テレNEWS24 安倍首相「誤解与える発言は厳に慎むべき」
□TBS News i 党首討論、防衛相発言めぐり論戦
□読売新聞 首相「実績問う」、小沢氏「逆転を」…参院選で党首討論
□朝日新聞 安倍内閣の指導力に辛口評価 マニフェスト検証大会
□毎日新聞 党首討論:安倍VS小沢 ともに年金問題を参院選争点に 
□産経新聞 首相、久間氏罷免を否定 小沢氏「不見識、不適当」
□日経新聞  参院選へ年金対決、首相「必ず解決」・小沢氏「信頼失った」
□時事通信 防衛相発言「誤解与えた」と安倍首相=小沢民主代表、原爆投下で米に謝罪要求を

 民主党の小沢一郎代表は5日、盛岡市内で記者会見し、安倍晋三首相が憲法改正を夏の参院選の争点にしたいとの考えを示していることについて「今日の状況の中で、何が何でも憲法改正を主張しなくてはいけないのか」と述べ、首相の姿勢に疑問を呈した。(→つづき

 5月3日にこだわらない―本日9時から放映されたNHK「総理にきく」での、安倍首相発言です。

□NHK 首相 憲法記念日こだわらず
□読売新聞 国民投票法案の成立、憲法記念日にこだわらず…首相 
□日経新聞 首相、参院選前の内閣改造否定・郵政造反組復党は今後も容認
□産経新聞 集団的自衛権「結論出す」と首相 内閣改造は否定
□共同通信 参院選前の内閣改造を否定 首相「選挙で審判受ける」
□時事通信 国民投票法案、憲法記念日前成立こだわらず=安倍首相表明、参院選「現内閣で臨む」 
□時事通信 慰安婦問題「心からおわび」=安倍首相

 国民投票法案については「民主党案に自民党がのるならいざしらず、早急にあげなくてはならない理由が見つからない」とした上で、「それよりも、日本は急激な格差社会になりつつある。こちらの問題を先に議論するべき」との考えを示し、国民生活優先の民主党の方針を強調した。(→つづき

 民主党の小沢一郎代表は6日、長崎市内で記者会見し、憲法改正手続きを定める国民投票法案への対応について「民主党案に与党が賛成するならいざ知らず、早急に成立させなければならない理由はない」と強調、5月3日の憲法記念日までの成立を目指す与党側を牽制(けんせい)した。(→つづき

 憲法改正の手続きを定める国民投票法案をめぐって、与党側が5月3日の憲法記念日までに法案を成立させたいとしているのに対し、民主党の小沢代表は慎重な審議を求める姿勢を崩しておらず、与党内からは、安倍総理大臣と小沢代表の党首会談で決着を図るべきだという意見も出ています。(→つづき

 民主党の小沢一郎代表は12日、さいたま市内で記者会見し、憲法改正手続きを定める国民投票法案をめぐり、自民党の二階俊博国対委員長が与党単独採決も辞さない構えを示したことについて「民主主義は意見調整ができないとき、多数決を行使するのは当然の帰結だが、問題はこの法案にそれが妥当かだ」と語り、与党側をけん制した。(→つづき

 民主党の小沢一郎代表は6日夕、日本記者クラブで記者会見し、安倍晋三首相が7月の参議院選挙で憲法改正を争点とする姿勢を示していることについて、「国民はより身近な問題に関心がある」として、「参院選の争点にはならない」との見方を示した。(→つづき

 小沢一郎代表は日、「小沢一郎政治塾」での講義のなかで、今国会の焦点のひとつである国民投票法案の扱いについて「国民投票法案は憲法改正に限らず、国政の根幹や国民生活の根本にかかわる重要な政治課題についても国民の意思を問える一般法であるべきだ」と述べ、あくまでも一般法である民主党案を貫くべきだとの考えを明らかにした。(→つづき

このページのトップヘ