nambu yoshinori's official blog

タグ:憲法9条

 2016.9.28
 マガジン9連載 「立憲政治の道しるべ」
 第104回「駆け付け警護の監視・検証に、国会は向き合えるのか?」
 http://www.magazine9.jp/article/rikken/30326/
 http://blogos.com/article/192091/
 20160927_D90_020(回9130レ|EF64-37+旧客5B)
 回9130レ
 EF64-37 + 旧客5B
 JR東北本線 蓮田―東大宮
 2016.9
 

(マガジン9)立憲政治の道しるべ 2015/09/30更新
第78回「あと20〜30年は、安倍内閣の独断をはね返す“後戻り”期間となる」
http://www.magazine9.jp/article/rikken/23067/
http://blogos.com/outline/136725/



 
 (マガジン9)立憲政治の道しるべ 2015/09/16更新

 第77回「市民一人ひとりが、“安保二法廃止法案”を可決
 させる、最初のきっかけになる」
 http://www.magazine9.jp/article/rikken/22832/
 http://blogos.com/article/134238/

 集団的自衛権に関する個別事例を研究している政府の有識者会議「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(座長=柳井俊二・前駐米大使)は、集団的自衛権の行使を禁じた政府の憲法解釈を変更し、行使容認を求める内容の提言を、11月中をめどに安倍首相に提出する方針を固めた。(→つづき

 政府が憲法解釈で禁止している集団的自衛権の行使について、容認派が4割に対し、否定派も3割に上ることが16日にまとまった時事通信の世論調査結果で明らかになった。安倍晋三首相が行使容認に向けて、個別事例研究を進めようとする中、国民の意識が分かれている実態が浮き彫りなった。(→こちら

このページのトップヘ