nambu yoshinori's official blog


▼取材・講演等のご依頼は、📧 nambu.yoshinori@gmail.com まで お願いします。

タグ:投票権

 総務省が2日に発表した住民基本台帳の人口(今年3月末現在)に基づき、読売新聞社が衆院小選挙区の議員1人あたりの人口格差(1票の格差)を試算したところ、最大は2.214倍で前年(2.177倍)より、やや拡大した。(→つづき

    このエントリーをはてなブックマークに追加

 29日投開票の参院選で、期日前投票の行方に与野党の関心が集まっている。(→つづき
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回の参院選から海外に住む有権者が、比例区だけでなく選挙区でも投票が出来るようになったことを受けて、アメリカ・カリフォルニア州で7日、海外で初の政党討論会が開かれました。(→つづき
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 常設の住民投票制度を盛り込んだ「野洲市まちづくり基本条例案」を審議していた滋賀県野洲市議会は22日、6月定例会本会議で、原案から16歳以上に住民投票権を与えることや、住民からの発議を認めることなどを削除した修正案を賛成多数で可決した。(→つづき
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 国民投票法案をめぐって、民主党が与党案との一本化に応じない姿勢を鮮明にしたことを受けて、与党側は、投票年齢を原則として18歳以上とすることなど民主党の主張を盛り込んだ修正案を提出するものの、与党だけの賛成で衆議院通過を図ることもやむをえないとしています。(→つづき
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 自民、公明両党は6日、憲法改正の手続きを定める国民投票法案について、昨年末の臨時国会以来となる衆院憲法調査特別委員会を8日に開き、審議を再開することを決めた。(→つづき
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 憲法改正手続きを定める国民投票法案の内容をめぐり、与党と民主党が歩み寄りに動いている。(→つづき

    このエントリーをはてなブックマークに追加

 自民、公明両党は11日、憲法改正の手続きを定める国民投票法案に関する協議会を開き、与党案について、投票権を持つ年齢を「原則18歳以上(経過期間は20歳以上)」と明記するなど計9項目の修正を行うことを了承した。

 与党案と民主党案の一本化に向けた最終調整については、自民・中川、公明・北側の両幹事長に一任することも決めた。(→こちら
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ