nambu yoshinori's official blog


▼取材・講演等のご依頼は、📧 nambu.yoshinori@gmail.com まで お願いします。

タグ:投票用紙

 第165回臨時国会の会期末には、国民投票法案[与党案/民主党案]の修正が行われました。
 中には、用語の定義が変わっているものがあります。

 国民投票運動
旧:憲法改正案に対し、賛成又は反対の投票をし又はしないよう勧誘する行為
新:憲法改正案に対し、賛成又は反対の投票をし又はしないよう積極的に勧誘     する行為
→「積極性要件」とでも呼んでおきましょう。

 賛成票+反対票
旧:有効投票総数(憲法改正案に対する賛成の投票の数及び反対の投票の数を合計した数をいう。)
新:投票総数(憲法改正案に対する賛成の投票の数及び反対の投票の数を合計した数をいう。)
→定義内容は同じです。有効・無効という言葉を使わないという政治的配慮です。
 
 憲法9条に関する某サイトで、について、与党が民主党に譲歩したとの記述を見つけました。
 それは間違いです。有効という言葉を使わないというだけですから。
 あとは、「無効票」をどうやってゼロに近づけるかです。

 共同修正に向けて、残った論点は…
^貳姪国民投票の扱い(憲法審査会における予備的国民投票の検討)
⊃景更告の政党無料枠の是非
G枸元定(賛否広告の取扱平等)は新聞も対象とするか
す報協議会が担当する説明会の実施の是非
チ反ヅ多数人買収罪等の是非
ε衂射兒罎法峇権」欄を設けるか否か
Д好櫂奪CMの全面禁止期間
といったところでしょうか。。。

このページのトップヘ