nambu yoshinori's official blog


▼取材・講演等のご依頼は、📧 nambu.yoshinori@gmail.com まで お願いします。

タグ:政府

 自民党の二階俊博国対委員長は9日の政府・与党連絡会議で、憲法改正の手続きを定める国民投票法案について「今週は大きなヤマ場を迎える。十分審議を尽くしており、採決に向けて環境は整った」と述べ、13日の衆院通過を目指す考えを改めて示した。(→つづき

 衆議院予算委員会で「公聴会」がセットされると、いよいよ「採決」という機運になります。これにあわせて、その他の委員会が続々と立ち上がってくるわけですが、今年は憲法特委だけ開かれていません。憲法調査会時代を通算して、2月に開会されないというのは、おそらく始めてのことではないかと思います。
 それだけ、政治状況が緊迫(迷走)しているということでしょうか。。。

 幅広い院内合意といっても、どの党が賛成に回るかという形式面と、どちらの案に近いかという内容面の二つがあります。どちらも重視すれば、共同修正・共同提案というシナリオになりますが、実質にこだわれば、もう与党単独でもいいのではないかという意見が近時有力です。

 「4月27日法案成立説」―あながち私も疑っていません。

このページのトップヘ