65dbb9d2.jpg 8日午後、JC関東地区東京ブロック協議会主催で、「今!憲法を語るとき〜これまでの憲法とこれからの憲法を考える」と題した、船田元自民党憲法審議会会長代理の講演会が開催されました。

 講演では、憲法審査会の意義と役割、現行憲法で変えるべきところ、変えるべきでないところなどに触れながら、市民の議論を喚起する必要性を訴えました。予め準備されたレジュメに従って、時間通りに終わらせるところが船田先生らしいと思いました。

 参加者からは、憲法改正は裁判員制度以上に国民の拒否反応を巻き起こすのではないか?それにはどう対処すればいいか?などの質問が出されました。