nambu yoshinori's official blog

タグ:本会議

 第193回国会(常会)が、まもなく閉会となります。
 とにかく、”慣例破り”が慣例化した会期でした。
 以下7つです。備忘録として残します。

1.先入先出の国対慣例に反し、刑法改正案(閣47号、3月7日提出)より後に提出された共謀罪法案(閣64号、3月21日提出)を先に、審議入りさせた(衆議院本会議、4月6日)。

2.政府参考人の招致について、異議なし採決ではなく、起立採決の方法によって議決した(衆議院法務委員会、4月19日)。

3.政府参考人の常時出頭を求める議決を、起立採決の方法によって議決した(衆議院法務委員会、4月21日)。

4.参議院でも、3.の方法を、法案審査の初回冒頭で、挙手採決によって議決した(参議院法務委員会、5月30日)。

5.参議院で、与党会派(公明党)の法務委員長による「中間報告」を行った(参議院本会議、6月15日)。

6.衆議院、参議院が同日、同一人物の証人喚問を行った(予算委員会、3月23日)。

7.党首間討議(党首討論)が、一度も行われなかった。
20170520_D7100_021

 8日(火)午後、提出されました。記者会見も行われました。

□民主党 更なる議論求め、2点の追加条項盛り込み参議院に国民投票法案を提出

□NHK 民主 国民投票対案を参院提出
□TBS News i 民主、国民投票法案の新対案を提出
□日経新聞 民主、国民投票法案で独自案を参院に提出
□時事通信 国民投票法案の対案提出=民主

 参院本会議が11時から開かれました。保岡興治・併合修正案提出者(自民)から法案の趣旨説明が行われた後、岡田直樹議員(自民)、簗瀬進議員(民主)、荒木清寛議員(公明)、市田忠義議員(共産)及び近藤正道議員(社民)からの質疑、答弁が行われました。

□NHK 国民投票法案 参院で審議入り
□TBS News i 国民投票法案、参院での審議始まる 
□読売新聞 国民投票法案、参院で審議入り…5月中の成立目指す 
□読売新聞 国民投票法案、参院で審議入り…5月中の成立目指す
□朝日新聞 国民投票法案、参院で審議入り
□毎日新聞 国民投票法案:参院で審議入り 午後に特別委で趣旨説明
□日経新聞 国民投票法案、参院で審議入り
□北海道新聞 参院で投票法案審議入り 与党、早期成立図る
□西日本新聞 早期成立望ましいと与党 参院、投票法案審議入り
□時事通信 国民投票法案が参院審議入り=野党、慎重審議求める

 本日午後、修正案が提出されました。
 保岡興治(筆頭)、船田元、葉梨康弘、赤松正雄の各議員が提出者です。
 29日(木)、本会議終了後に憲法特委が開かれ、修正案の趣旨説明聴取と質疑が行われます。

□NHK 与党 国民投票修正案を提出
□TBS News i 国民投票法案修正案、与党が国会提出
□朝日新聞 国民投票法、与党修正案を衆院に提出
□産経新聞 与党が国民投票法案の修正案提出 今国会成立へ
□時事通信 国民投票法、与党が修正案提出=来月13日衆院通過の方針
□共同通信 国民投票修正案を国会提出 与党、29日に特別委質疑

 衆議院予算委員会で「公聴会」がセットされると、いよいよ「採決」という機運になります。これにあわせて、その他の委員会が続々と立ち上がってくるわけですが、今年は憲法特委だけ開かれていません。憲法調査会時代を通算して、2月に開会されないというのは、おそらく始めてのことではないかと思います。
 それだけ、政治状況が緊迫(迷走)しているということでしょうか。。。

 幅広い院内合意といっても、どの党が賛成に回るかという形式面と、どちらの案に近いかという内容面の二つがあります。どちらも重視すれば、共同修正・共同提案というシナリオになりますが、実質にこだわれば、もう与党単独でもいいのではないかという意見が近時有力です。

 「4月27日法案成立説」―あながち私も疑っていません。

このページのトップヘ