nambu yoshinori's official blog

南部義典オフィシャルブログ

タグ:民主党

 政治に残された時間と余白はあるのか 
 平成22年8月23日
 西岡 武夫

 (はじめに)

 この一文は、決して9月14日に予定される[民主党の代表選挙]に限ったことではない。
 
 私は、参議院議長として、所属していた政党が、代表を選出することに関しては、如何なる方法でも、投票権も採決権も行使しないし、党内において、発言することもありません。

 その上で、普通の考え方と信じる政権政党の代表選挙の在り方と、同時に、あるべき原理原則について、その職責の枠内で触れてみたい、と考えます。

 もっとも、参議院議長としては、年内に、参院の選挙制度と議員の定数是正について、その方向性を出すという重い役割を、自らに課している。

 このことを前提に、以下の小論を公にする。

 (政権政党における代表選挙とは)

 野党の代表(総裁)選挙の場合は別に論ずることにするが、政党政治において、内閣総理大臣を、即ち首班を指名している多数派の政党の「代表選」については、原理原則がある筈である。

 首班を指名している政権政党は、少なくとも、内閣総理大臣が続投を表明すれば、対抗する代表選の候補者は、相当の覚悟が必要である。

 自分が属する政党の代表であり、政権を手中にしている現首相を蹴落とそうとするのだから、敗れた場合(これは首相も同様だが)の立場は、惨めなものでなければ理屈に合わない。

 自分たちが選んだ現政権の理念と基本政策に異論を唱えるからには、突き詰めると、党を去ることも選択肢に入る。

 本来、政治家が自らの信念を貫くということは、それほど厳しいものである。

 (代表選挙を行う意味の変化)

 だが、その実態は、全く私の考え方とは真逆である。

 「まずなによりも、代表選挙は、常に、複数の立候補者によって争われるのが民主的であり、開かれた政党の証である。」「国民もそれを望んでいる。」という、前提をつくり、対抗馬が理念や政策でなく、ただ代表選に出るだけで開かれた政党である、という虚構の下で、近年は、実際の代表選が行われている、という事実がある。

 ところが、代表選挙が行われ、その結果が出た瞬間、党大会の雰囲気は、通過儀礼が終わった、という安堵感のような不思議な空気に包まれる。

 全く理解できない、緊張感のない雰囲気である。

 首相と戦って敗れた候補者(或いは候補者達)は、権力を互いに争ったのだから、政治家としての全情熱と政治生命を賭けた敗者としての身の処し方が当然ある筈である。

 このことは、敗者を推した総ての投票者にとって当て嵌まる。

 その結果は、特に国会議員にとって、政治家としての岐路に立たされる深刻な事態であるはずだ。

 しかし、実情は、私の考える「本来の姿」からは、全く違う道筋を選択し、勝利者も、敗者も、党の空気も一変する。

 選挙によって現職代表が再選されるか、或いは新代表が誕生するか、いずれにせよ、いわゆる「挙党一致」の空気が当然のことのように、勝利者も、挑戦した敗者をも呑み込んでしまう。
 
 私は、唖然とするしかない。

 この結末を予め想定して、自分自身が権力に近づく手段として、党大会での代表選挙の場を位置づける、典型的な野心家の政党人の生き方を、私は、そこに見る。
 
 具体的には、党大会の代表選挙が、権力を持つ首相の勝利に終わった時、敗者が、真に政治を志す者とは到底考えられない挙に出る。

 事実上、猟官運動擬きの蠢きが開始される。

 そうして、敗者が、政治理念も政策も異なる筈の勝者から、党の要職か、閣僚のポストが与えられる、という仕掛けである。

 これは、挙党一致でもなんでもない、茶番劇である。

 権力を持つ政権側にとっては、対抗してみせた党内の不満分子の取り込みである。

 敗者側にとっては、権力に楯突いた筈の政治家の信条(あるとすればの話だが)は、どこ吹く風と、権力への近道である要職を手中にしただけのことである。

 これは、挙党一致という美名の下で、受け入れやすい身の処し方のように、一見、映りやすい。

 現在、日本が抱える内外の難問を考えるとき、政権政党が甘っちょろい党内の陳腐な就職運動劇をしている余裕は、断じてない。

 現状の政治の在り方を革命的に変えなければ、ごく近い将来、取り返しのつかない窮地に内外を問わず陥るだろう。

 私が参議院議長として、政党の党首選挙に、ここまで踏み込んだのは、日本の政治には、もう「余白」が無くなっていると考えるからである。

 余白がある、と思って、舞台裏丸見えの芝居を繰り返している時間はない。

 政治は、私自身を含めて、いま、真剣勝負で、多くの課題に臨まなければ、我々の子孫に顔向けが出来ないことになる。

 それどころか、現時点で既に、経済政策と外交防衛政策、総ての基盤である教育政策、と年金・医療・介護政策など、日本は、国家として、いま、危険水域にある。

 国会も、内閣も、政党も、命を賭けて取り組まなければならない。

 (結び)

 いま、私たちが真剣に考えるべきことは、一時的なものであってはならない。

 日本が抱えるすべての政策課題に答えを示し、その政策を総動員し、統合した日本の鳥瞰図を示すことである。

 また、一方、目先のことは、行政にとって大切な仕事である。

 だが、行政窓口においても、政権が示す大局的な政策の方向に基いて、相談への対応、行政指導、許可申請の処理が求められる。

 近年、各政党とも個別部門に、優秀で高い能力のある各分野の専門家が、国会議員として政策立案に参画されている。

 このことは、心強い。

 しかし、日本の進む方向や、広い視野を持った、総合政策のプランを語れる人材は、寡聞にして知らない。

 いま、そのことこそが求められている。

 内閣の各省大臣が、自分の権限の内に閉じこもるのではなく、閣内不一致の批判を恐れず、国務大臣としての見識を、閣議決定の場で述べ、議論すべきである。

 もちろん、どうしても譲れない核心の部分で、一致しなければ閣外に身を置くしかあるまい。

 このように、全ての政党が、国会議員が、官僚の一人一人が、日本の現状において、真剣にならなければ、日本は、最早、立ち行かない。

 そのことのためにも、全ての政党が、政党の大会を、混乱を恐れず、台本のない、真剣勝負の場にされることを望みたい。

 時に見受けられる、マスコミの場当たり的な報道に、右顧左眄せず、各党が、政治に対峙する堂々たる姿を、国民の前に示されることを念願する。

 (了)

 安倍政権の暴走を止め、政権交代可能な政治を実現することは、多くの国民共通の願いである。これに応えることは野党の責任であり、理念・政策の一致を前提に野党が結集することが必要である。この共通認識のもと、以下の点を確認する。

1.民主党と維新の党は遅くとも3月中に新党結成を目指すこととする。

2.党綱領、党規約など必要な準備手続きを進めるために、両党代表及び幹事長で構成する新党協議会を設置する。そのものに必要に応じて検討チームを設ける。

3.結党の具体的手続きは、1998年に民主党を結党した方式を採用する。新党の名称については、新たな党名を客観的な手法により最終決定する。

4.新党協議会で得られた結論については、順次両党それぞれの議決機関において承認を得ることとする。

5.参議院選挙及び衆議院選挙に向けての候補者について、両党間の協議を加速させる。

6.党員等の募集をしたうえで、参議院選挙後速やかに代表選挙を行う。

7.理念・政策の一致を前提に、その他の政党・会派等に対し幅広く結集を呼びかける。

以上

2016年2月26日

民主党代表 岡田 克也

維新の党代表 松野 頼久

__

新党合意にあたって(代表談話)

○本日を、政治の流れを変える大きな転換点にしたい。民主党と維新の党が合流する新党は、野党結集の大きな核となる。

○安倍政治に大きな不安や疑問を持つ人々が多い。その受け皿となるのが新党だ。

○民主党は与党時代に分裂した。第三極も離合集散した。国民の失望を招いた。これらの深刻な反省に立って、これが最後だ、必ず新党を成功させるとの思いで合意した。安倍政権の暴走を止め、政権交代可能な政治を必ず実現させることを強く決意している。

○理念・政策が一致することを前提に、他の野党・会派や個人にも幅広く結集を呼びかけたい。新党に参加する形、新党と協力する形など色々考えられる。

○先の野党五党の合意(=国会における活動、国政選挙などあらゆる場面で五党ができる限り協力する)と今回の新党結成を車の両輪として、安倍政権と正面から対決していく。必ず国民の期待に応える。

2016年2月26日

民主党代表 岡田克也


民主・維新が党首会談を開き合流を確認
http://www.dpj.or.jp/article/108471/%E6%B0%91%E4%B8%BB%E3%83%BB%E7%B6%AD%E6%96%B0%E3%81%8C%E5%85%9A%E9%A6%96%E4%BC%9A%E8%AB%87%E3%82%92%E9%96%8B%E3%81%8D%E5%90%88%E6%B5%81%E3%82%92%E7%A2%BA%E8%AA%8D

2月26日(金)民主維新 党首会談・調印式を行いました
http://ishinnotoh.jp/activity/news/2016/02/26/2106.html

【2016.02.26】民主・維新 党首会談後共同会見
http://www.youtube.com/watch?v=WeB5SuLB9vY

民主党・岡田代表定例会見 2016年2月26日
http://www.youtube.com/watch?v=VSWTFF0CN78

【2016.02.26】松野頼久代表 党首会談後会見
http://www.youtube.com/watch?v=uDOnUZmWnR8&feature=youtu.be

Statement on the agreement to form a new party
https://www.dpj.or.jp/english/news/?num=21018

 (マガジン9)立憲政治の道しるべ 2016.2.10
 第88回「与党でも野党でもない、ゆ党の登場を歓迎する」
 http://www.magazine9.jp/article/rikken/25807/
 http://blogos.com/article/159987/

 20151206_D90_162

 














 平林寺(埼玉県新座市) 2015.12.6
 
 

 
 (マガジン9)立憲政治の道しるべ 2015/09/16更新

 第77回「市民一人ひとりが、“安保二法廃止法案”を可決
 させる、最初のきっかけになる」
 http://www.magazine9.jp/article/rikken/22832/
 http://blogos.com/article/134238/

(マガジン9)立憲政治の道しるべ 2015/09/02更新
第76回「橋下政局を楽しむ余裕はない。28日、臨時国会をすぐに召集すべき」
http://www.magazine9.jp/article/rikken/22253/
http://blogos.com/article/131774/

参院民主党が選挙制度改革案(40減・10合区)を
決定したことを踏まえ、議長の所感が述べられました。


(冒頭)報道にあるように、参院民主党が選挙制度改革に
ついて案をまとめ、検討会において提案をするようだ。
主だった党の考え方がほぼ出揃った。できるだけ早く、
検討会を開きたい。8月に入ると、長崎原爆の日など
いろいろ行事があるので、その間を縫って、各党の代表に
集まってもらう。本会議が開かれる日をにらみながら
日程を調整する。
議長案とだいぶかけ離れている内容と
報じられており、公明党案が一番近いようであるが、
自分の感覚では、どの党の案が一番いいとか言及は
するつもりはなく、各党の考え方が検討会に出された
ところで、最後はまとめうると思う。次の参院選挙まで
に改革を間に合わせるということを、前回の検討会で
確認している。時間軸が後ろにずれても間に合わせる
ことは可能である。


▽検討会は今週中に開くという話だったが?

▼来週、本会議が開かれる日を目安に考える。

▽各党案にはまだ隔たりがある。妥協案のポイントは?

▼個々の案については、まず検討会で出してもらって
議論を始めるので、コメントは控えたい。一票の較差は
各党とも避けられない問題であると一致していると思う。
その方向でまとめなければならない。この問題は非常に
重く、いまは各党それぞれが絶対的だと思っていても、
大筋でまとまる方向になると思う。みなさんでそういう努力
をしていただけると思う。

▽これまでの判例をめぐる理解で、各党の違いが
でているが。

一票の較差については、はみ出す限度は1:1.99
までである。
合区案なども議論になるだろう。いまの
段階で方向性を示すことは差し控えるが、落ち着くべき
ところに落ち着くと思う。合意形成が難しいとは思って
いない。この機会にやらないと、こういう政治状況の中、
参議院はせめてきちっとした姿勢で方針を打ち出さ
なければ政治不信に拍車をかけてしまう。各党も同じ
考えを持っていると思う。

▽1:1.99をはみ出す案は、一切認めないということで
よいか?

▼議長には決定権限はないが、それを超えるのは
そもそも成り立たない議論だと思っている。限りなく、
1:1に近づけるということは、前回の検討会で確認した。

1:5が1:3になればいいという話ではない。憲法の原則
から帰納的に考えなければならない。

▽検討会はこれまで月に1〜2回開催されてきたが、
来週からはどうなるか?

▼他の日程との関係がある。ようやく参院民主党の案
が出てきたが、ここまで時間がかかったのはやむを
得ないと思う。今国会に法案を提出できればよいが、
菅政権をどうするのかという問題もある。次の臨時国会
で通すということも許されるであろう。


▽次回検討会では、1:1.99までという方針を改めて
示すのか?

▼検討会には現実に各党の案が出てきているので、
その議論の中で考えを述べる。ここで3倍未満だったら
いいだろうとか、それでは今までの議論と同じになって
しまう。もちろん、将来に憲法改正があって参議院の
あり方とか変われば今の議論とは違った方向になろう。
いまは現憲法下でどうするかという議論しかできない。
(了)



 9日(水)午前、参院民主党の議員総会が開催され、
 「選挙制度改革」が議題に上りました。

 まず、参議院選挙制度改革対策チームのメンバーが決定。
 
 平田 健二 議員(座長)
 郡司  彰 議員(事務局長)
 石井  一 議員
 田中 直紀 議員
 一川 保夫 議員
 藤原 正司 議員
 辻  泰弘 議員
 水岡 俊一 議員
 川上 義博 議員
 有田 芳生 議員
 といった、顔ぶれです。
 
 選挙区・比例区の別、選挙区有権者数の多寡に応じた、
 バランスのとれた構成になっています。

 今日は、辻議員、田中議員、そして直嶋正行議員より
 意見表明があり、
 それを踏まえ、出席議員から活発に意見が述べられました。

 今後、対策チームで成案をまとめ、
 会派として意見集約を進めていく方針です。

 メディア報道が徐々に減っていくような気がするので、
 どこかの段階で議論をオープンにすることも課題と考えます。

2010091412060000 








 代表選挙直前に行われた、菅陣営の決起集会です。
 130名ほどの議員が、験担ぎのため「カツカレー」を
 一斉に食しています。
 →一斉に食中毒になることを避けるために、同じメニューは
  避けましょう。これ、選挙の常識。。。

 さて、私が注目するのは、一般党員・サポーター票の結果です。
 菅直人137,998票、小沢一郎90,194票で、1.53倍の開きですが、
 ポイントは菅249、小沢51で、4.88倍となり、
 3乗比以上の差が開きました。

 有権者数342,493、投票者数229,030で、
 投票率は66.87%でした。
 郵便投票であるからといっても、投票率の向上には
 つながりませんでした。

画像 252












 緊急集会といっても、参議院のそれではありません。
 民主党代表選挙に立候補している菅直人さんの、議員会館内で本日行われたものです。120名の参加だそうです。代理出席、様子見が20名ほどいたと思います。

 戦乱が始まりました。

 それぞれの陣営が、代表選挙後の
 まったく異なる“民主党観”を抱き始めました。
 空事の“挙党体制”も、イメージされています。

 危険である反面、
 機能する議会制民主主義のためには、
 必要かつ健全なことです。

 こういう場面で出番となる渡部恒三議員が菅陣営に、
 “自作自演”の鳩山前首相が小沢陣営に、
 それぞれ、立ち位置を決めてしまいました。
 
 だから、収まるはずがないのです。
 だれも、収めようとしていないのです。
 まさに、解党的出直しです。

 6月4日、前回の代表選挙(両院議員総会)で
 “脱小沢・反小沢など、どうでもいい”と、
 はっきり訴えた人が、
 いまや自らグループを結成し、
 “小沢票”のまとめ上げをしようとしています。

 この3か月間で、“挙党体制”の前提条件は
 少しずつ崩壊してきました。
 とくに、参院選後の“総括論”の台頭が決定的でした。
 
 これから、いろんな矛盾、本音、不満、妨害が
 一気に噴出します。

 “解党”を求める世論に望みをつなぎましょう(苦笑)。

 http://twitter.com/nambu2116/

 どちらが勝つかは、陽を見るより明らか。。。
 私は、すでに確信しています。

 “挙党体制”という、敗者陣営に対する人事的配慮など、
 通用する時代ではありません。

 そもそも、民主党には一度も挙党体制が存在していない、
 だから、痛烈な鍔迫り合いは、選挙後も続くのです。。。

 政治的混乱は、「戦乱」に突入してしまいました。
 
 政治休戦を呼びかける側が、逆に大きく乱れてしまっています。
 憲法審査会だけではなくて、国会全体が「開店休業」になって
 しまうことを恐れます。

 9月の民主党代表選挙。

 反菅・嫌菅「軽井沢参加者層」の、
 6〜7割は固まったでしょうか。

 メディアは「接戦」と煽っていますが、
 案外あっけない結果に終わると予想します。

 2位と3位の結託作戦は、すっ飛んだのでしょうか?

 政局・政争に明け暮れていること自体、
 国民生活とかけ離れていることは明白です。

 「永田町に帰ってこい、国会の仕事をしろ」と、
 数多の国民は怒り心頭のはずです。

 この政治空白のおかげで、
 普段は滞る「思考作業」がどんどん進みます。

 個人的にはありがたいと思っています(苦笑)。

 
 

 ありがたい『詳説』が述べられています(笑)。

 国対経験を相当程度積んでいる者の文章です。
 しかも複数。後半文章は息切れ気味(笑)。

 しかし、「政治とカネ」という文言が、
 どこにも出てこないし。

 新人議員を事業仕分け人にしようとしたとき、
 妨害したのは、一体どこの誰だったのか。。。
 
 「囲い込み」しか脳がない??
 本当に大丈夫?

 
 続きを読む

 いったん廃止した政調を、
 機能するものとして復活させることは、
 いかに壁が高いか、つくづく分かりました。

 ある部門会議では、担当の政調副会長と、
 党側座長ではない委員会筆頭理事との間で、
 議題の設定、進め方をめぐって応酬がありました。

 こんな運営論をずっと、1年やっています。
 生方議員の問題提起が、事実上まだ続いています。

 \策決定の方法、
 ∪策内容、
 8柔権・執行部に対する評価
 の三つが、複雑に絡んでいて、簡単に解けない状態です。

 昨日も書いたように、
 正副議長、常任・特別委員長、正副国対委員長、正副幹事長、
 委員会筆頭理事を除いて、
 基本的にすべて政府に入れてしまえばいいのです。

 ポジション的には当面、「副大臣付」にし、
 政策決定も陳情対応も分担してもらえばいいのです。

 政調は提言機関か、政策決定機関かという、
 非生産的な論争を続けなくてすみます。

 「なぜ、自分たちを政府に登用しないのか」と、
 建設的な意見を示してほしいものです。
 中途半端な党内野党に堕することになるでしょう。

 政務三役は、背後に重厚な組織を従えているので、
 裸の議員が立ち向かってもビクともしません。

 共同通信でしたか、PTの設置を報じていますが、
 調査会も二つ、正式に決まりました。

 そのうちの一つ、農林水産業調査会ですが、
 部門会議と二元化してしまい、自民党と同じだとの
 批判が出てくるでしょう。

 会議日程は公報事項なので、外部に、歪な会議運営が
 ばれてしまうことは避けられないのですが。。。

 党の政策調査会長に、玄葉光一郎議員が内定したようです。
 攻守どちらにおいても、適任です。

 今後、「憲法」に関する最高責任者として、
 党内議論のテーブルをつくることができるのか、
 大きな鍵を握ると思います。

 この4年間、憲法論議が沈滞したのは、
 過剰な小沢忖度によるもので、
 必ずしも政治的根拠、正当性はありませんでした。

 いま、一歩踏み出さなければ、
 この国の立憲政治は、ますます統御不可能になってしまいます。

 党内論議の再スタートとともに、
 法令解釈担当相、衆参憲法審査会との関係をしっかりと整理し、
 国民に説明すべきです。

 閣僚との兼務と言われていますが、個人的には、
 \策会議の主宰権を、党側に完全移行する。
 議員立法の手続きには、政府側は事前に大きく関与せず、
  政調会長(政調役員会)の決済で可能とする。
 D直霆萢、コアメンバー制度など、幹事長室、国対が決定した
  ルールを完全廃止する。
 …最低限やっていただきたいものです。

 民主党の渡部恒三元衆院副議長は23日午後、国会内で記者団から「小沢一郎幹事長をはじめ誰も責任を取らない民主党の姿勢」への感想を問われ、「国民の皆さんが辞めてほしいと思われる人は、辞めていただくことが一番いいんだろうな」と述べ、小沢氏や小林千代美衆院議員の辞任が望ましいとの考えを示唆した。(→つづき

 日本に永住する外国人に地方参政権を認めるかどうかをめぐり、民主党では、小沢幹事長が、来年の通常国会に党としての結論を出す考えを示したことから、これに積極的な議員グループが執行部に働きかけを強める方針で、今後、党内の議論が活発化する見通しです。(→つづき

 国民投票法の施行まであと1年となりました。憲法審査会のスタートに向けて、ようやく政治的な土壌が固まりました。

 国づくりは憲法体系のチェックから。憲法議論は常にあるもの。。。
 突然休止したり、急アクセルで始める性質のものでないのに、随分とおかしな風潮が広がりました(笑)。

 民主党が今年9月の麻生内閣発足の際、国会の衆院調査局に要請し、自民党の新閣僚と自民党新四役の主要政策や歴史観などに関する過去の発言や考え方を調査させていたことが17日、産経新聞が入手した同局の内部文書で分かった。(→つづき

 今日の朝刊より。
 選挙にならないことのデメリットを考えなければ。。。(><;)


□朝日新聞 民主党代表選―決戦への備えは整うか
□産経新聞 【主張】野田氏出馬断念 政策競わずに民主主義か
□北海道新聞 小沢代表3選「無投票」とは情けない
□西日本新聞 「寄らば大樹」でいいのか 民主党代表選

このページのトップヘ