今日は「住民投票」のテーマで講演しました。
 
 議論の整理が出来たことはよかったですが、
 国民投票法と同じく、政治レベルの議論が淋しい状況です。
 
 担当者不在、責任者不在…。
 国民への問題提起が足りません。

 合併特例法は10年延長されました。
 リコールと併せて、住民投票は淡々と行われていくでしょう。

 「住民投票法」の制定に対しては、
 反対意見がほとんどを占めました。
 このことを確認できて、私には有意義でした。

 それにしても、長〜い、一ヶ月でした。
 今後、毎年5月はこんな感じで過ごすことに…?