自民、公明両党は七日、憲法改正手続きを定める国民投票法案をめぐり、与党単独で修正案を提出し、単独採決も視野に三月中の衆院通過を目指す方針を固めた。(→つづき