nambu yoshinori's official blog

タグ:甘利明

 (マガジン9)立憲政治の道しるべ 2016.6.15
 第96回「甘利氏は速やかに、政治倫理審査会の審査を申し出るべき」
 http://www.magazine9.jp/article/rikken/28501/
 http://blogos.com/article/179588/

20160611_D90_062(8009レ・カシオペア紀行|EF81-81) 
 _8009レ・カシオペア紀行(EF81-81+E26系)
 2016.6 東北本線 東大宮―蓮田
 

(2016年)
•1月21日 週刊文春(1月28日号)で献金疑惑を報じられる

•1月28日 記者会見で大臣辞任を表明

•2月16日 衆院議院運営委理事会に診断書「睡眠障害のため1カ月の自宅療養が必要」

•3月17日 同理事会に診断書「さらに2カ月間の自宅療養が必要」

•5月16日 衆院本会議欠席届(診断書なし)

•5月19日 衆院本会議欠席届(診断書なし)

•5月24日 衆院本会議欠席届(診断書なし)

(民進党)山井国対委員長代理会見 2016.5.25

 衆議院TPP特別委員会開催に関する合意事項

1.西川公也委員長は中立公正かつ円満に委員会を運営・開催するとともに、政府・関係者に対し、委員会開催前及び審議中に十分な資料を提出するよう指導すること。

2.定例日は原則として、火・水・金の週3日とする。ただし、総理入り質疑の際は柔軟に対応する。なお、夜なべ質疑は行わないこと。

3.委員会の審議は、以下の審議を行うこと。
(1)冒頭総括的質疑2日間(総理入り・TV入り)
(2)テーマによる集中審議(総理入り・TV入り)(日米集中、ルール別分野集中、経済・金融集中)
(3)参考人質疑
(4)中央公聴会・地方公聴会
(5)総括質疑(総理・TV入り)

4.張りつけ大臣は、TPP担当大臣、外務大臣、農林水産大臣とする。
 (ただし、外務大臣については外交日程等について配慮し柔軟に対応する。)
  ※以下の大臣については、要求がある場合に他委員会に優先して出席する。
  財務・文部科学・経済産業・厚生労働・公正取引委員会担当・法務・環境

5.鶴岡主席交渉官については、要求に応じて参考人として答弁できるものとする。
  甘利前大臣については、特別委の参考人としての出席を理事会で協議する。

 平成28年4月5日

 自由民主党理事 吉川 貴盛
   民進党理事 近藤 洋介
   公明党理事 上田 勇

このページのトップヘ