nambu yoshinori's official blog

取材、講演などのご依頼は、nambu.yoshinori@gmail.com まで。

タグ:管理

 下の東京新聞の記事をクリックしていただくと、名古屋市選管が発行している「投票済証」が画像で見られます。
 名古屋市は随分凝ったものを作製しているようです。

 私も過日、期日前投票を済ませ、その際、投票管理者の方から投票済証を頂いています。
 おそらく私が初めてだったようで、怪訝そうな顔をされました。投票管理・執行面の細かいところまで探知しようとする有権者は、そう多くはありません。

 しかし、毎回そうなのですが、わが自治体・投票区の投票済証はとても地味なものです。

 投 票 済 証 明 書

 選挙人氏名 南部 義典 様

 平成19年7月29日執行の第21回参議院選挙通常選挙につき、
 ○○市○○区期日前投票所で投票したことを証明する。

 平成19年7月○○日
 ○○市○○区期日前投票所
 投票管理者 ○ ○ ○ ○ [公印]


 と、事務的に書かれた紙が渡されただけです。

 マスコミの事前調査で「投票に必ず行く」「投票に行くつもりである」と回答する有権者でも、その内の何割かは結局棄権してしまう今日この頃です。
 
 この投票済証に何らかの経済的付加価値を与え、投票率アップにつなげてはどうかと思います(行政サービスの手数料を減免することなど)。投票を義務化するまでもなく、相当なインセンティヴになります。

 それにしても、投票所の整理券も持たないで、期日前投票所に行った新人候補がいるようですが、無知としか言いようがありません。住民票の写しをもらう感覚で投票所に向かったのではないのでしょうか。おそらく、選挙には一度も行ったことがないのでしょう。

このページのトップヘ