nambu yoshinori's official blog

南部義典オフィシャルブログ

タグ:船田元

65dbb9d2.jpg 8日午後、JC関東地区東京ブロック協議会主催で、「今!憲法を語るとき〜これまでの憲法とこれからの憲法を考える」と題した、船田元自民党憲法審議会会長代理の講演会が開催されました。

 講演では、憲法審査会の意義と役割、現行憲法で変えるべきところ、変えるべきでないところなどに触れながら、市民の議論を喚起する必要性を訴えました。予め準備されたレジュメに従って、時間通りに終わらせるところが船田先生らしいと思いました。

 参加者からは、憲法改正は裁判員制度以上に国民の拒否反応を巻き起こすのではないか?それにはどう対処すればいいか?などの質問が出されました。

 5日(月)深夜、筑紫哲也NEWS23船田元議員と原口一博議員が出演し、小沢辞任劇について議論が交わされました。

 評論家は様々な観点から論評していますが、度を超えた政局解説はほどほどにしていただきたいものです。
 (大連立による)憲法改正に話題が及ばないのは、せめてものマスメディアの良心といったところでしょうか。

 松岡元農相の自殺から未だ半年経っていませんが、それにしても、いろいろな事が起こります。。。

c9826428.jpg 公開討論会に参加された皆さん、大変お疲れ様でした。
 憲法(立憲主義)の意義を考える、いい機会になりました。
 憲法審査会でも、今日のような落ち着いた(!?)、深みのある議論が行われることに期待しましょう。。。

□NHK “憲法 改正案公募し議論を”
□TBS News i 森氏「自公民一致できる憲法素案を」
□読売新聞 政府の解釈改憲すべきではない…自民・船田氏
□読売新聞 参院選で憲法改正争点化、公明政調会長「理解しがたい」
□朝日新聞 船田氏、憲法めぐる首相方針を批判
□日経新聞 船田氏が首相の姿勢批判 
□産経新聞 森元首相「公明・民主も一致できる改憲案を」
□毎日新聞 憲法改正:参院選争点の是非、官邸と自民の認識にずれ
□時事通信 解釈改憲「やるべきでない」=集団的自衛権研究で自民・船田氏

 都内で行われたシンポジウムの発言が紹介されています。

□読売新聞 民主・枝野氏、国民投票法案めぐり小沢氏を批判
□西日本新聞 最終報告書がテキスト 憲法審査会で自民・船田氏
□時事通信 改憲遠のく、小沢氏にも責任=民主・枝野氏が批判

 保岡興治・併合修正案筆頭提出者(自民)の発言に対し、野党が反発しました。

□NHK 保岡氏発言で特別委開けず
□日テレNEWS24 国民投票法案 参院での審議始まる
□TBS News i 投票法案めぐり対立、初日から空転
□朝日新聞 国民投票法案、79%が最低投票率は必要 朝日新聞調査
□毎日新聞 国民投票法案:保岡元法相が失言 参院与野党も反発
□産経新聞 国民投票法案で与党、早期成立を主張 野党反発で特別委開けず
□時事通信 改憲環境、3年後には変化=安倍首相

 今日は地方公聴会、明日は委員会で趣旨説明です。

□NHK 民主党内 国民投票法案で議論
□日テレNEWS24 国民投票法案 与党が修正案を国会に提出
□読売新聞 国民投票法案、自・公が修正案提出…民主は反対へ
□日経新聞 国民投票法案、与党が修正案提出

□民主党 衆院憲法特で国民投票法案修正案の基本方向を提案
□朝日新聞 政党指定の団体にも無料広告枠 国民投票法案修正へ 
□産経新聞 国民投票法案は継続審議 憲法施行60年の成立目指す

[与党案提出者]

修正1.投票権年齢
 本則18歳以上、附則で3年間の経過措置を設ける。 
 
修正2.広報協議会の名称
 「国民投票広報協議会」と改称する。
 
修正3.国民投票公報の内容
 「解説等」の部分を、「憲法改正案に係る新旧対照表その他の参考となるべき事項」と修正する。

修正4.投票用紙記載方法 
 予め「賛成」と「反対」の欄を設け、それぞれを「○」で囲む方式とする。「×」や他事記載も有効とする。

修正5.公務員の政治活動規制
 「公務員が、国会が憲法改正を発議した日から、国民投票の期日までの間に行う国民投票運動については、国家公務員法、地方公務員法等の政治活動の禁止等に関する規定については適用しないものとする」との、適用除外の条文を設ける。

修正6.特定公務員の範囲
 中央選管の職員等に限定する(1号)。

修正7.公務員等・教育者の地位利用
 「公務員等及び教育者は、その地位にあるために、特に国民投票運動を効果的に行いうるような影響力(教育者にあっては、学校の児童、生徒及び学生に対する)又は便益を利用して、国民投票運動をすることができない」との、地位利用の要件を厳格化する。違反した場合の罰則も設けない。

修正8.スポットCMの禁止期間
 投票期日前14日間とする。

修正9.メディア意見広告の条件に関する配慮
 「一般放送事業者等及び新聞社は、国民投票運動のための広告を放送し又は掲載するに当たって、料金その他の条件について、憲法改正案に対する賛成の広告又は反対の広告のいずれであっても、同等のものとするよう、配慮するものとする」との、取扱いの平等を法文上明確化する(配慮規定の新設)。 

修正10.政党等の無料枠配分
 議席数按分ではなく、賛否平等を原則とする。
 「国民投票広報協議会は、憲法改正案及びその要旨等の広報を、客観的かつ中立的に行うものとする」、「憲法改正案に対する賛成の政党及び反対の政党等の双方に対して、同一の時間数及び同等の時間帯を与える等、同等の利便を提供しなければならない」との条文を置く。
 また「政党等は、当該放送の一部を、その指名する団体に行わせることができる」との規定を置き、政党以外の団体に無料枠を開放する。
 新聞広告は、放送広告と同様の取扱いとする。 

修正11.組織的多数人買収罪・利害誘導罪
 「憲法改正案に対する賛成又は反対の投票をし、又は投票しないよう積極的に勧誘し」と、構成要件を厳格化する。
 また、「影響を与えるに足りる物品その他の財産上の利益」についても、「国民投票運動について、意見の表明の手段として通常用いられない物品に限る」との限定を加える。 

修正12.「過半数」の意義
 有効投票総数ではなく、表現上「国民投票において、憲法改正案に対する賛成の投票の数が、投票総数(憲法改正案に対する賛成の投票の数及び反対の投票の数を合計した数をいう。)…」とする。
 
修正13.憲法審査会
 「日本国憲法及び日本国憲法に密接に関連する基本法制について、広範かつ総合的に調査を行い、憲法改正原案、日本国憲法の改正の発議又は国民投票に関する法律案等を審査するため、各議院の憲法審査会を置く」と修文し、予備的国民投票も権限に加える。

修正14.施行期日
 公布の日から起算して3年とする。
 また、附則では「日本国憲法の改正を要する問題及び日本国憲法の改正の対象となりうる問題についての国民投票制度に関し検討を加え、必要な措置を講ずるものとする」と明記する。

修正15.法制上の措置 
 「国は、この法律の施行の日までの間に、年齢満18年以上満20年未満の者が国政選挙に参加できること等となるよう、選挙権を有する者を定める公職選挙法、成年年齢を定める民法その他の法令の規定について検討を加え、必要な法制上の措置を講ずる」との条文を置く。

修正16.憲法改正原案の審査権限凍結
 施行までの間、憲法審査会は憲法改正原案を審査、発議することができないことを明記する。

[民主党案提出者]

修正1.国政問題国民投票の対象 
 一定の限定を加える、憲法改正に関わる問題に限定する、限定するかどうかを含めて検討する、これらいずれかの中から党内議論を深める。

修正2.投票権年齢
 満18歳以下への引下げは取り下げる。

修正3.広報協議会
 「説明会」は、削除する。「その他憲法改正案の広報に関する事務」も限定する。

修正4.投票用紙記載方法
 「賛成」「反対」欄の他に、「棄権」欄も加える。

修正5.公務員の政治活動規制 
 適用除外規定につき、与党修正案に同意。

修正6.スポットCMの禁止期間
 投票期日前14日前か、発議後全面禁止か、党内議論を深める。

修正7.政党等の無料枠 
 国民投票公報という媒体があるので、新聞の枠は外す。
 指定団体への一部開放については、与党修正案に同意。

修正8.罰則 
 組織的多数人買収罪・利害誘導罪の処罰妥当性については、さらなる審議の上、最終判断する。

修正9.憲法審査会
 原案の凍結につき、与党修正案に同意。

修正10.施行期日
 3年とする。与党修正案に同意。

 憲法改正手続きの詳細を定める国民投票法案を巡り、自民、公明両党は11日の与党協議会で、国民投票を認める年齢を原則18歳以上とする一方、投票対象は憲法改正に限るなどとした9項目の修正案について大筋合意した。(→つづき

このページのトップヘ